猫皮膚病
医師や専門家が深く詳しく解説します
猫皮膚病
医師や専門家が深く詳しく解説します

猫の アレルゲン とは?どう対応すればいい?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
アレルギーとは体を病原菌から守る免疫システムが過剰に反応してしまう状態のことを言います。
免疫システムの作動には病原体の刺激が必要ですが、これによってたくさんの免疫物質が産生されます。
その中でもIgEという物質を作りやすい体質はアレルギー体質とされ、遺伝が影響しています。
もちろん、ネコにもアレルギーは存在し、さまざまな症状を示します。
ここでは、猫の アレルゲン について詳しく説明します。
 
 

アレルゲン とは? 人とネコの違いは?

 
アレルゲン とはアレルギーを引き起こす原因を言います。花粉症のアレルゲンは花粉です。小麦アレルギーのアレルゲンは小麦です。人で考えると分かりやすいと思いますが、花粉症の人もいれば小麦アレルギーの人もいるように、個人によってアレルギーを持っている人もいれば全く持っていない人もいます。何がアレルゲンなのかは人それぞれです。
 
人とネコに違いはなく、そのネコがアレルギーを持つか否かは個体によってさまざまです。猫によってアレルゲンは異なります。もちろん、ネコにも花粉症がありますし、小麦アレルギーのような食物アレルギーも存在します。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。