猫皮膚病
医師や専門家が深く詳しく解説します
猫皮膚病
医師や専門家が深く詳しく解説します

猫の皮膚病 ってどんなもの? その種類、原因、症状、治療法とは

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
猫の皮膚病について、御存知ですか?猫の皮膚に異常を感じたら、病院に行って獣医師に見てもらうことが重要です。猫の皮膚病に対して、自己判断で治療を行ってしまうと、症状を悪化させたり、手遅れになる事があります。この記事では、 猫の皮膚病 について詳しく説明していきます。
 
 

猫の皮膚病 には、どんな種類があるの?

猫の皮膚病には、猫の皮膚に以下のような様々な病変が表れます。
 
・丘疹(直径1cm以下の隆起)
・結節(直径1cm以上の隆起)
・紅斑(赤い斑点。発赤よりも赤い)
・紫斑(あざ)
・浮腫(むくみ)
・腫脹(はれること)
・腫瘤(はれ。腫脹より範囲が狭い)
・水疱(水ぶくれ)
・びらん(ただれ。表皮までの欠損)
・潰瘍(びらんよりも深い。真皮まで達する皮膚の欠損。出血を伴うこともある)
・壊死(部分的に細胞が死ぬこと)
・痂皮(かさぶた)
・落屑(ふけ)
・脂漏(脂っぽく臭い)
・色素沈着(黒ずみ)
・肥厚(皮膚が厚くなること)
・挫創(すり傷、切り傷)
・瘻管形成(炎症などにより管状のトンネルが出来る事)
などがあります。
 
このような病変を起こす猫の皮膚病には、どのようなものがあるか説明します。
 
先天性疾患
先天的な染色体異常により起こる疾患です。
・先天性魚鱗癬
・白皮症
・チェディアック・東症候群
・皮膚無力症
などがあります。
 
内分泌性疾患
ホルモンによる体の調節がうまくいかないことで起こる疾患です。
・副皮質機能亢進症
などがあります。
 
アレルギー性疾患
アレルギーによって皮膚に病変が表れます。
アトピー性皮膚病
・ノミアレルギー性皮膚炎
・接触性皮膚炎
・食物過敏症
などがあります。
 
自己免疫疾患
病原体など外部からの攻撃に対して防御するために働く免疫機能が自己細胞に対して起きてしまう事により生じます。
・天疱瘡
・水疱性類天疱瘡
・円板状エリテマトーデス
などがあります。
 
感染症疾患
細菌感染や寄生虫による皮膚疾患です。
・膿皮症
・非定型マイコバクテリア症
・皮膚糸状菌症
・マラセチア症
ニキビダニ
・疥癬
・ツメダニ症
などがあります。
 
腫瘍
皮膚に腫瘍が出来ることにより皮膚病変が表れます。
・扁平上皮癌
・肥満細胞腫
・黒色腫
・線維肉腫
・リンパ腫
などがあります。
 
その他
・光線過敏症(日光性皮膚炎など)
・猫対称性脱毛症
・猫の好酸球性肉芽腫症候群
・猫の粟粒性皮膚炎
・血小板減少症
・皮下膿瘍
などがあります。
 
また、皮膚の色が黄色くなる黄疸(溶血性貧血、肝臓疾患)や青白くなるチアノーゼ(気管支、の疾患、胸腔・胸膜の疾患、貧血、心臓疾患、ショック状態)などがあります。これらは皮膚自体の疾患ではありません。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。